NEWS|2007年4月27日

2代目「ALDEN」チャッカー


初めて購入したのは19歳の時で、僕が始めて販売員としてアルバイトした某大手セレクトshop。その当時は¥60000位でしたから、今のほぼ半値ですね。当時はALDENとJ.M.WESTONが憧れの靴で、スタッフ間ではオールデン派とウエストン派に分かれていました。ALDENは、テーパードのウールパンツを短めにしてW幅、ルイジボレリのシャツをタックインせずに外に出して、ウールタイ、ややゆったり目のマルセルラサンスのジャケットを着るみたいなややラフなスタイル。ウエストンはインコテックスの細身のトラウザーをくるぶしカットしてローファーを素足で履く。シャツをタックインして、ザノーネのニットにベルト無し。ジャスト目のジャケットにチーフを入れてノーネクタイ。。。自分も年を重ねてきたせいか最近はそんなスタイルにひかれますが、らい秋冬はこれらをもう少し崩して遊びあるスタイルを提案したいと思います。
話がそれましたが、僕自身はどちらも派で(今のお店の商品構成と似てて、わりとなんでも好きなタイプ。アメ物もあれば、ヨーロッパ物もあって、ドメスもあって軍物もあるみたいな)両方好きでしたが、今はALDENを履く事が多い。特にチャッカーがお気に入りで、今回購入した物で2足目。1代目はバーガンディーで14年物(画像左)で2代目はシガー(画像右)。チャッカーのいいところは、細いパンツにも足元が少しボテッとした感じで履けるのできまり過ぎないし、軍パンに履いても全体が引き締まるし、もちろんデニムもOK!やや短めで耳を見せる感じがいいですね!
次の秋冬はウールパンツを短めの丈で、このチャッカーか、入荷するマウンテンブーツ(3ブランドから8色展開しますのでお楽しみに!)を合わせたいと思います。

NEWS|2007年1月29日

NORI KOIEのカットソー。。。袖まくって着よ~


取り扱いのスタートしたNORIKOIKE。初めて手に取ったのは東京の某大手SHOPで、カットソーではなくニット。皆さんにはカットソーのイメージが強いかもしれませんが、デザイナー小池のりこさんはニットを得意とするデザイナーです。ニットも入荷しますのでお楽しみに!!
手持ち感があり、こしのある定番の度つめ天竺のカットソーをはじめ、ニットの様な雰囲気のマルチストライプ、細番手の糸で創られ光沢感のあるピンストライプのカットソーが入荷しています(一部サイズによって完売しております)が、どれも本当に雰囲気がある。シンプルなアイテムでほぼ毎日着る物だからこそ、カットソーに求められる生地の役割は大きい。高い商品が良い商品だとは決して思いませんが、無地のカットソーに関しては少しの値段の差がクオリティーの差につながる。
自分はロングスリーブの袖をまくって着るのが好きで(夏でもあまり半袖は着ないで、袖まくってます)、理由は、夏のシンプルすぎるスタイル、ただ暑いから半袖を着るという安易なスタイルが嫌いという理由と、なんか半袖着るより自分のスタイルにはバランスがいいから、と思ってます。だったら5分袖や7分袖を着ればと思うかもしれませんが、クシュッとロールさせた感じがいいんです。そしてボトムの太さやレングスの長さによって、そのクシュ感も変える。夏に出来る事なんてそれ位でしょ。春は入荷待ちのニットに、カットソーと一緒に袖を巻き込み、シャツと一緒に袖を巻き込みながら着たいと思っていますが、巻き込まずに着たほうがバランスが良いこともあるので、バランスを大切に。。。

NEWS|2006年12月7日

LUCKY ITEM


去年友人から貰ったコインネックレス。アメリカの古くからの言い伝えで「朝、家を出てから一番に拾った1ペニー硬貨を、幸運のお守りとして身に着けると良い」という言葉があります。それをアメリカの「GOOD LUCK COIN SHOP」がラッキーペニーの言い伝えに沿って、ペニー硬貨にクローバーやクロス等を型どりしてアクセサリーにしています。

とても気に入って身に着けていたので、お店に置きたいな~と思っていました。で、たまたま行ったメーカーさんに展示してあったのを見つけて、「これは偶然では無いな~」という事で、お店に置いてます。
コインの年代も使用感も様々なので、お好きなデザインを見つけてください。
今年惨敗の馬関係、こんだけ[LUCK」が集まっているのでラストの有馬はなんとかとりたいものです・・・

NEWS|2006年12月3日

自分のスタイル


Ha-Ha apartmentではオープン当初から「軍物」のデッドストックを扱ってきました。今まで様々なアイテムを扱ってきましたが、過去を振り返るととてつもないヒットを記録したアイテムもありました。ただトレンドの移り変わりが激しくなり、同じ方向性を向くことによって、本当に良い物が「過去に流行った物」として捉えられる事は非常に残念ですし、それは軍物のアイテムも例外ではありません。(イタリア軍のパラシュートパンツ等)軍物独特のやぼったさや機能性を重視された作りを自分流に着こなす事でスタイルに変化をつける事ができると思うのです。当店には毎月メーカーさんが面白そうな軍物のサンプルを見せに来てくれますので、ほぼ毎月新商品が入荷します。自分のコーディネート力を問われるアイテムでもある「軍物」を是非、自分流に着てみてください。

NEWS|2006年11月24日

増えてきた。。。


当店で取り扱いをしているHakasE。最近はここの革物以外持たなくなった。元々ハンドでステッチされたべグリンやクイールの革小物が好きだったし、ハードなレザー小物は嫌いだったので、ここのはまさにツボなアイテムが多い。レザー小物って以外と有名どころが限られていて、皆それを持っているイメージが強い。僕が某大手セレクトSHOPで働いていた頃は、休憩に出る際皆財布だけを持って4~5人で出るのですが、皆同じブランドの物を持っているという事も珍しくなかった。僕達のお店でもお客さんがお買い上げ頂く際、3人続けて同じとこのだったりする。HakasEの小物は東京等に出張に出た際、メーカーやデザイナーの人に「それどこのですか?」とほぼ聞かれるし、紹介してそのデザイナーの革小物をHakasEが作る事もちらほら。洋服もそうですが、そろそろ人と違う物を持ちたい、違う着方をしたいというお客さんは増えています。ハンドによるカットやステッチは、工場に出して型取りして、ミシンで縫うという「綺麗」なモノとは違うけど、表情があってとても良いし、ロゴの位置の変更やステッチの色変更もできるので、自分だけのモノに仕上がるのも良い。そろそろ以前個人オーダーしていたノートパソコン用のケースがあがるので楽しみです。
次回の新作もいいですよ!