cross the border

カンボジアからラオスに陸路で入った。

バスはパンクを繰り返し、シェムリアップからバスで12時間くらいかかった。

途中で乗り込んできた国境越えを取り仕切る若いお兄さんは、英語、スペイン語、フランス語、中国語を喋った。

ロシア語も少しわかるらしい。

全て国境越えの外国人が喋るのを聞いて習得したらしい。

これだけの人材、日本ならものすごく重宝されるんじゃないか。

でも彼はこの先もここで働いていくらしい。

ここにはこれしか無いからと、しっかり自分から代行料の2ドルを徴収していった。

 

Inle Lake Blacksmith

ミャンマーのインレー湖。

ヤンゴンからバスで北上し、旅の中盤に訪れたインレー湖。

ここは、湖上生活をしている人の生活や、豊かな自然を観光するスポットで、

皆ボートをチャーターしてぐるりと1周する。

様々なお店や職人のファクトリーを見学するするのだが、そこで販売している物の販売価格は割高ではある。

だけど観光ってそんなんも含めてだと思うので、そこで思い出を買う。

10代、20代の旅ではいかに安く、ただ自分が満足するだけでそんな事を考えもしなかったけど、30代、40代の旅ではそこに生活している人、働いている人、家族は?学校は?将来は?できる事は?

なんて事を考える事もある。

旅人は優しさを食べて旅を続ける事ができる。

若い時に読んだ時はピンとこなかったそんな言葉も最近はちょっとわかる。

 

近々インドネシアに行こうと考えていたのですが、最近の地震で延期に。

ひとまずおとなしくしときます。

 

 

Istanbul Mackerel-sand

鯖サンドは本の中で知って、いつかイスタンブールの鯖サンドを食べてみたいと思っていたので感動的だった。

イスタンブールは本当に刺激的な街で、毎日歩き回っても飽きなかった。

東洋、西洋の文化が入り混じった街並みや、食べ物、雑貨。

 

モロッコはトルコに近い感じなのかというイメージを持っているので、

必ず行ってみたい。

Angkor Wat Buddhism

カンボジア、アンコールワット。

中に入るとおばあさんが仏像のお世話をしていた。

線香を渡されて、それを香炉に立てた後お金を渡そうとしたら、いらないとう言う。

たまたまなのかいつもなのか。

信仰があって毎日そこにいる生活。自分には到底できない。

 

Ho Chi Minh Ben Thanh Market

ベトナム、ホーチミンのベンタイン市場。

ホーチミンは正直あまり良い印象が無い。

ホーチミンだけ見てベトナムが嫌いという安易な考えを捨てたいので、またベトナムの他の街に行ってみたいと思う。

饅頭おいしかっただけで、この街めっちゃええ、に変わる事も良くあるので。